池田町社会福祉協議会 本文へジャンプ
誰もが生きがいを持ち、みんなで助け合い健康で安心して暮らせる福祉のまちづくり  
HOME >> 障がい者のために
 
池田町障害福祉サービス事業所ふれ愛の家
 
 概要
    池田町障害福祉サービス事業所ふれ愛の家は、昭和63年に小規模授産所
   として池田町が設置し、池田町社会福祉協議会の運営で開設されました。
    平成19年には障害者自立支援法の新体系に移行、H22年4月新施設を
   建設し移転。現在は知的障害者、身体障害者、精神障害者の3障害を対象
   とした就労継続支援事業B型と生活介護事業の多機能型サービス事業所とし
   て運営しています。
    ふれ愛の家ではどんな障害をもっていても生き生きと自分の人生を送ると
   いうノーマライゼーションの理念を基に一人一人特性に応じた作業や活動を
   通して、それぞれの日常生活や社会生活の自立を目指しています。
                                     → 詳しくはこちらへ
 
  ◎就労継続支援事業B型15人、生活介護事業20人
 
  現在、利用者は、就労継続支援事業B型14人、生活介護事業18人、合計32人
  職員13人(社協事務局長兼務の施設長を含む)で運営しています。
  (H30.4.2現在)
 
@ 下請け作業 池田温泉タオル袋詰めとサウナマットクリーニング、道の駅足湯
  タオル箱詰め、紙箱の組み立て、プラスチック製品の組み
  立て、電線部品の組み立て等をしています。
A 創作活動  作品作りを通して、自己表現をする活動をしています。
B 健康活動  散歩、レクリエーション等で体力づくりをしています。
C 生活活動 身の回りのことが自分で出来るように日々努力しています。
D 自主製品 ボランティアさんのご協力により布製品等、製作販売しています。
    自主製品の販売おこなっています。
E やさい作り 無農薬農業、和綿や野菜を栽培して販売しています。
F ステージ活動 出張し、踊りや絵のパフォーマンスを行います。
   
ビーズ製品 200〜1000円 ミニてまり
 
  就労継続支援事業B型:働くことを目指し、下請け作業を中心に行っています。
  生活介護事業:創作や散歩、生産活動を中心に行っています。
 9:30 通所バス到着 13:30〜15:00(生活) 作業・健康・生活・創作
 9:40〜9:50 朝の会 13:00〜15:10(就労) 作業・生活等
 9:50〜10:50 作業活動or屋外活動 15:00〜15:45(生活) 休憩・掃除
10:50〜11:00 トイレ休憩 15:10〜15:45(就労) 休憩・掃除
11:00〜12:00 作業活動 15:45〜15:55 帰りの会
12:00〜13:30(生活) 給食・歯磨き・休憩 16:00 通所バス出発
12:00〜13:00(就労) 給食・歯磨き・休憩    


 日常の活動の様子
就労支援事業B型
無農薬栽培に挑戦中 バザー出店
生活介護事業 洗濯事業 作業風景
生活介護事業 作業風景 ステージパフォーマンス
 ふれ愛の家を支えて下さっているボランティア活動
@ 作業ボラ 作業のお手伝い
A 行事ボラ 行事の引率等
B 講師ボラ リズム体操、おやつ作り等の指導
ボランティア団体数19団体(個人ボランティアを含む)
H27年度2月までの年間延べボランティア数1304人
 
  ボランティア活動の様子
新聞紙による犬籠の下敷き シンブルフック組み立て
ふれ愛の家は、気軽に足を運んでいただけるような地域に開かれた施設を目指して
おります。平日の9:30〜11:30、13:30〜15:00の内に気軽にお立ち寄りくださ
い。
 
 ・ふれ愛ホーム事業
  ふれ愛の家より徒歩2分程の場所にある「大室荘」にて、月10回程度宿泊訓練を
  しています。家庭と連携を取りながら、各自の生活能力に合わせて社会的自立
  を目指し支援しています。
   (現在利用者11人  世話人4人)(H30.4.2現在)
  
 
 
 


<<HOME