池田町社会福祉協議会 本文へジャンプ
誰もが生きがいを持ち、みんなで助け合い健康で安心して暮らせる福祉のまちづくり  
HOME >> 福祉のまちづくり
  
福祉委員活動について
【相談場所:池田町福祉センター】
福祉委員とは
 池田町における福祉委員制度は、平成4年12月1日から始まりました。地域住民と共に福祉のまちづくりを推進するために、区長や民生児童委員と協力し、地域福祉の中心的担い手として活動をおこないます。福祉の課題を抱え、地域で困っている人、一人暮らし高齢者や障がい者、その他支援を必要とする人及び家族に対して、地域住民と協力して問題の解決策を考えたり、専門家につなぐ役割を担います。
 
  
 各区の区長の推薦により、池田町社会福祉協議会の会長が委嘱します。各区に1名以上、福祉活動に必要と思われる人数の福祉委員を設置します。
 
 個人として受け取る報酬はありません。ただし、必要経費は社協の予算の中でまかないます。
 
 特に必要ありません。しかし、地域住民の生活に深くかかわっていく仕事ですので下記のようなことが求められます。
福祉に対する理解関心がある
当事者の立場に立つことができる
プライバシーを守ることができる
 ・ 責任感がある          等
 3年間でお願いしています。
 
 個人のプライバシーにふれる活動ですので、問題を解決するという目的以外には秘密の保持に努めてください。
 
 
 福祉委員としての活動中の事故については、「ボランティア活動保険」で対応します。
 
 各区に福祉委員会、7地区に地区福祉委員会を、池田町に池田町福祉委員会を設置します。各区の福祉委員会には区代表1名、地区福祉委員会には地区福祉委員長及び副委員長を置きます。
 池田町福祉委員会は、池田町内の全福祉委員で構成し、委員長1名、副委員長2名を置きます。
 
 
 


<<HOME